cashing

信用情報の開示請求について

信用情報の開示請求について

キャッシング査定では、個人信用情報組織の信用情報に登録されている今現在及び過去の決済情報がとても大切になってきます。

ですので、仮に貴方がキャッシング査定で困っている時には、エントリーする前に自らの信用情報に入金情報がどんな感じで登録されているのか?について理解しておく必須があります。

それにより、各種査定に通らない方は信用情報の開示請求を行い、その中身を見極めする不可欠があります。

ただ、貴女は査定で信用情報が大切だという事は分かったけども、自らの信用情報は如何にやったら見る事が可能なのか?が分からないかも知れませんので、信用情報の開示請求について今度の文章で解説します。

最初に個人信用情報組織へ開示申請を行う

信用情報を取り扱っているのは個人信用情報機構になりますので、最初に個人信用情報組織へ信用情報の開示請求を行う必須があります。

それでは、以下に3組織各々の開示申込み手順窓口や開示手数料などを記載しておきます。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

開示情報

クレジットカードの契約情報や支払状況、しかもは残債額やCICが独自に収集した信用情報など。

開示申込み手順テクニック

インターネット、配送、窓口

開示手数料

インターネット→1000円(クレジットカード一括払い)

配送→1000円(郵便局の定額小為替証書)

窓口→500円(現金)※全国7ヶ所での取り扱い

質問先:0570-666-414

リンク先→CIC

株式会社日本信用情報機構(JICC)

開示情報支出者金融クレジットの借入残高や延滞の有る無しなどの信用情報。

開示申込み手順手法

携帯電話、配送、窓口(東京と大阪のみ)

開示手数料

携帯電話→1000円(税込)※クレジットカード、コンビニ、銀行ATMなどでの入金ができる

発送→1000円(税込)(クレジットカード活用可)

窓口→現金500円(税込)

質問先:0120-441-481

リンク先→JICC

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

開示情報

各種クレジットやクレジットカードの契約情報、なおは残債中身や官報情報、民事一新申込み手順の情報など。

開示申込み手順メソッド

発送のみ

開示手数料

1000円(支出税、送料込)

質問先:0120-540-558

リンク先→KSC

開示請求書に記入の住所について

個人信用情報機構へ信用情報の開示請求を行う時、開示申請書に個人情報を記入する不可欠がありますが、過去に金融事故を起こした事がある方はそのその頃の住所を記入しておかないと的確な信用情報が出てきません。

ですので、仮に貴女が過去に金融事故を起こしているのであれば、開示請求書に金融事故その頃の住所を記入する不可欠がありますが、昔の住所までは覚えていないという事例があるかも知れませんよね?おっしゃる通り、現在まで何回も引っ越しをしている方は、実際まで住んでいたところの位置は思い出せるかも知れませんが、そこの住所までは的確に思い出す事が困難なかも知れません。

しかも、的確にそこの住所を調べるために、わざわざそこの住所まで出向く、住所を管轄している役所に出向くなどはかなりの労力を使用する事になりますので、あまり現実的ではないのです。

そんな訳で、開示請求書に記入する住所ですが、CICやJICCに請求する事例には過去5年間で住まうしていた住所のみ記入して下さい。

ついでに、KSCの信用情報には官報情報が10年を超えない期間登録されていますので、万が一貴女が過去に法的片付けを行っており、KSCに開示請求を行う事例には、過去10年間で住まうしていた住所を記入して下さい。

-cashing

© 2020 すーぷブログ Powered by AFFINGER5