英語の語学留学でアジアに行ったときのwifiの利用

英語の語学留学でアジアに行ったときのwifiの利用

アジアにある英語の語学学校に通ってスパルタ教育を受けようとしたときに、海外レンタルwifiを準備していきました。

家族に連絡できないと困ってしまうからという理由だったのですが、意外な展開に驚く経験をしたのが事実です。

スパルタ教育の語学学校の決まり

アジアには英語の語学学校が充実している地域があり、安くて質の高い教育を受けられると聞いて一ヶ月の留学に行きました。

寮生活をするのが通常になっていたのでその量の設備について調べたところ、インターネットが使えないということがわかって、海外レンタルwifiを借りて行ったのですが、現地に着いて少しトラブルを生んでしまうことになったのは意外でした。

スパルタ教育が売りの学校だったので、勉強させるためにインターネットを敷いていないというのが実情だったのです。

そのため、wifiを持参しても学校の敷地内では使用禁止になっていて、せっかく借りてきたのに使えないという状況になりました。

予め問い合わせておけば良かったと後悔した点です。

それでも役立つwifiの持参

ただ、決まりは決まりと言ってしまえばそうなのですが、妨害電波などを使っているわけではありませんでした。

部屋は個室を予約していたので自室に戻ってしまえば誰も見ていない環境であり、wifiを利用しても何も問題はなかったのです。

もしかしたら管理人がwifiのアクセスポイントを探っているのではないかという心配もしましたが、数日使っていても何も音沙汰はありませんでした。

決まりとしては存在していますが、実際には使用できる環境にあって安心しました。

お陰で毎日家族にも連絡することができ、調べ物をしたいときにもインターネットを利用して調べることができて勉強も捗ったのです。

思い切って使ってみて良かったと言えるでしょう。

観光でも便利なwifi環境

スパルタ教育の語学学校でしたが、成績が良ければ週末は学外に出ることができました。

せっかく海外に来たのだから少しくらいは観光したいと思っていたので必死に勉強して、二週間目には成績がボーダーをクリアして外出が認められたのです。

アジアの観光地の空気を吸うことができて満足しましたが、観光の準備をしていなかったのでこのときにもwifi環境が役に立ちました。

観光地情報を集めるだけでなく、交通網の確認からレストランの予約まで本当によく利用したと自分でも感心しています。

国内にいるときよりも使用したので容量制限がぎりぎりになりましたが、平日はほとんどしようしないのでバランスが取れて助かりました。

使い勝手が良かったので観光旅行に行くときにも利用しようと思います。

Published by