初のアジア旅行で気づいたwifiの実情

初のアジア旅行で気づいたwifiの実情

欧米には旅行によく行っていたものの、アジアに行くのは初めてでした。

先進国とは違うという固定観念を持って出発したのでwifiを利用できるように海外レンタルの手続きをして行きましたが、実情を知って驚きました。

重要だったレンタルwifi

海外レンタルwifiを持ってアジアに行こうと思ったのは完全に先入観からです。

どの国も発展途上国で日本や欧米に比べたらインターネットが普及していなくて情報収集や連絡手段に困るだろうと想定していました。

欧米に行くときにはホテルや空港、ショッピングモールにあるwifiで十分だという印象を持っていましたが、それすらもない可能性が高いと身構えて行ったのです。

その予想は半分正解で半分間違いでした。

最初に行ったのはインドであり、空港ではまずwifiが利用できました。

その後にホテルに行ったときにも利用できたので特に問題はなかったのです。

しかし、観光のためにバスに乗ったらそれきりで使えなくなったのでレンタルをして行ったのは正解でした。

地域差が大きいアジアのwifi

インドに行ってみてわかったのは地域差の大きさです。

都会にいればショッピングモールなどでもwifiを使用できるので欧米に行くのとそれほど変わりはありませんでした。

しかし、欧米と大きく異なったのは都会から地方へ向かったときであり、田舎でホテルをとって一泊したときにはwifi環境はなかったのです。

海外レンタルwifiを用意していなかったらその日は全く通信ができなかったでしょう。

あえて周囲に探しに出かけることはしませんでしたが、ホテルまでの道やバスで周囲を巡った限りではwifiが使用できそうな場所は全く見当たらなかったからです。

都会にこだわりをもたない限りは海外レンタルwifiは必須と言えるでしょう。

行ってみてわかったさらに大きな差

インド旅行に行ってからはアジアにもときどき出かけるようになりました。

その度に海外レンタルwifiを準備して行きましたが、行く度に驚いていたのが地域差です。

韓国に行ったときにはほとんどの場所でwifiを利用できたのでレンタルして行く必要はほとんどありませんでした。

シンガポールでも同様の状況がありましたが、中国やマレーシアに行ったときにはやはり都会と地方の差が激しかったのです。

ただ、基本的には都会にいればwifiが使えるので、快速であることを追求しないならレンタルをしていかなくても過ごせるでしょう。

アジア諸国に出たときにも速度が重要な人や、地方に出る人は海外レンタルwifiを利用するのがおすすめです。

Published by