海外旅行するなら保険に入っておこう!

大学の交換留学制度で、アメリカに語学留学したときのことです。

初めての海外で期待と不安が入り混じっていました。

留学先で事故に巻き込まれたり、病気にかかって高額の治療代を払わせられることもあるんじゃないかと気になっていました。

そのことを友人に話したら、海外での旅について保険があったから調べて加入しておいたらどうかと教えてもらいました。

なんだそれと思った僕は、自分でネットに検索をかけてみることに。

そうしたら沢山の情報が一気に出てくるではないですか。

どの保険会社がいいか迷った僕は、比較サイトでサービス内容や保険料から考えて一番いいと思った会社で加入することにしました。

そもそも海外旅行保険ってなんだと思い、調べてみました。

海外の旅行先で万が一の事故や病気に遭ったときに保障してくれるもので、クレジットカードに付けられるものだと分かりました。

その内容も様々で、事故や病気に対する保障だけでなく、盗難の被害に遭ったり、テロで帰国が不可能になった時にでも適応されるのだそうです。

内容は各保険会社によって違うため、事前に調べておくといいかもしれません。

また、サポート体制も万全で、24時間365日、日本語で対応してくれるので言葉が通じないという心配もありませんでした。

更に1回の旅行につき、保障期間が最長3か月までとなっているので、僕が留学中の間ばっちりな保障が受けられそうでした。

そして留学当日。

何事もなく目的地に到着しました。

留学中お世話になるホームステイするところの人たちはとても親切で、快適な留学生活が送れるのだろうなと思っていました。

留学して1週間が経過した頃。

慣れない環境で疲れが溜まったのか体調を崩してしまうというハプニングが起きました。

事情を説明し、病院に連れて行ってもらい、治療を受けました。

思わぬ事態が発生しましたが、保険に入っていたおかげで、治療費は思っていた程高くなく大変助かりました。

それから帰国するまでは何事も起きることなく無事に留学生活を終えることが出来ました。

病院に行った時、保険に入っていなかったらどれだけの金額を請求されたのだろうと思いだしただけで今でもひやっとします。

日本と違って海外では治安が悪いところも多いです。

何が起きるか分からない以上、ベストな対策をしておくといいと思います。

小さい子供さんは特に体調を崩しやすいので、尚更です。

これから海外へ行くという人は保険の加入をきちんと行いましょう。

Published by